ドクターメイトは介護職員の自信につながるツール

介護施設はどうしても業務中心になってしまいがちですが、その中に安心を得られるツールを導入できたと感じています。

忙しいからできなかったり、いままでのやり方で済ましてしまったり、なかなか外部に研修も行きたくても行けない、学びたいことが見つからない、利用者様に落とし込めない、など生きた研修に繋がらなかったのが事実です。

『ドクターメイト』は看護師と介護士の共通の学びにもなり看護と介護でより良い関係作りにもなっています。このことは嘱託医とは立場が異なり、嘱託医は利用者様に向けたものであり、『ドクターメイト』は介護職員が感じる今起きている目の前の小さな気づきに向けて回答していただき、職員にとって大きな自信につながると思います。

介護と医療の密な関係性に期待

『ドクターメイト』の先生方は現場の目線を尊重し、「こういうやり方を試してみるとどうでしょう?」などと背中を押してくれる存在です。受診回数も減り、忙しい中にも安心と安全が施設内に構築されていくようです。介護はもちろん、介護職員とドクターの関係性がより密になることに今後も期待しています。