特養・有料老人ホーム等の介護施設 / 障害者施設等に

ドクターメイトのICTソリューション日中医療相談

24時間受付中お問い合わせはこちら chevron_right

ドクターイメージ 皮膚科オンライン診療サポートも新登場!

利用施設数

※1・2

912 以上

医療相談実績

※2

10,915 以上

福井県
広島県老人福祉施設連盟
北九州市
ニチイ
週刊 高齢者住宅新聞
岡山県老人福祉施設協議会
株式会社さわやか倶楽部

※1:日中医療相談サービスを含むすべてのサービスのご利用施設合計 /  ※2:2024年1月時点

介護 / 障害者施設の
看護師・施設職員・施設長の皆様
こんなお悩みを
抱えてませんか?

嘱託医に専門科外の症状は聞きにくい

嘱託医に専門科外の症状は
聞きにくい

通院=半日、利用者様の身体的負担に

通院=半日
利用者様の身体的負担に

普段の薬が効かない時、どうすれば?

普段の薬が効かない時、
どうすれば?

重症化の経緯、ご家族にどう説明したら?

重症化の経緯、ご家族にどう説明したら?

そのお悩み、
日中医療相談
解決します!

日中医療相談サービスとは

日中医療相談サービスの流れ

施設にあるICT端末(タブレット・スマートフォン等)にドクターメイトアプリをインストール。
信頼できるドクターメイトの医師達が悩めるあなたや施設を強力にサポートします。もう悩む必要はありません。

解決例1
通院数の削減

通院数の削減

施設内で解決できることが増えるので、通院数が削減されます。それにより、通院による職員や利用者様への負担が軽減通院コストもカットできます。また、皮膚科オンライン診療サポートで「診療・処方箋発行」まで対応、皮膚科の受診を軽減します。

解決例2
職員の負担軽減で離職防止に

職員の負担軽減で離職防止に

医療的な疑問・不安を解消しやすくなるため、施設職員の精神的な負担軽減につながります。また看護師にも医師に判断を仰ぎたいときなどにご利用いただいております。退職届を出される前に、ぜひ夜間体制の見直しをご検討ください。

解決例3
利用者様の重症化の予防

利用者様の重症化の予防

気軽に利用可能なため、症状が軽い時点で医師に相談することができ、重症化を未然に防ぐことができます。

お問い合わせ & 資料請求
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

導入施設様のお声

餅は餅屋、医療のことは医療の
プロに相談するのが1番です

介護現場で生じる医療的な判断は、介護職員には難しいことがあります。そこを日中医療相談や夜間オンコール代行™️を使えば「医療のプロがこう言っている」という安心のもと、介護職員は状況を判断してケアができるようになります。
逃げるわけではないですが、餅は餅屋、医療のことは医療のプロに相談するのが1番です。介護をする上で、日中医療相談や夜間オンコール代行™️は心強く感じています。

愛知県 特別養護老人ホーム 輪中の郷 様

皮膚科の受診回数、
入院回数も劇的に減少

介護現場で生じる医療的な判断は、介護職員には難しいことがあります。そこを日中医療相談や夜間オンコール代行™️を使えば「医療のプロがこう言っている」という安心のもと、介護職員は状況を判断してケアができるようになります。
逃げるわけではないですが、餅は餅屋、医療のことは医療のプロに相談するのが1番です。介護をする上で、日中医療相談や夜間オンコール代行™️は心強く感じています。

福井県 特別養護老人ホーム さくら荘 様

全科の専門医に相談できるから
より正確な情報が得られる

最初から私が使えそうなイメージを持っていました。日々、ネットで病名を検索することも多かったのですが、専門医に相談できるならより正確な情報が得られると期待していました。
嘱託医の先生からもチャットサービスを使ってみては?という後押しがありました。嘱託医も2名でオンコール業務をしている私たちを気にかけておりましたので、ポジティブな反応でしたね。

静岡県 特別養護老人ホーム みくらの里 様

全科の専門医に相談できるから
より正確な情報が得られる

気軽に早い段階から医療面での相談ができるので、症状に対しての早期対応ができるようになりました。看護師から見るとドクターメイトを導入したあとで、介護職員の方々のスキルアップがあったようにも感じるので職員とご利用者のどちらにも良かったと感じています。

東京都 特別養護老人ホーム 栄光の杜 様

お客様事例をもっと見るchevron_right

お問い合わせ & 資料請求
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

日中医療相談のメリット

医療的な不安解消で
精神的な負担の軽減

医療的な不安解消で精神的な負担の軽減のイメージ

医療的な疑問・不安を解消しやすくなるため、施設職員の精神的な負担軽減につながります。また看護師にも医師に判断を仰ぎたいときなどにご利用いただいております。

通院数の削減

通院のイメージ

施設内で解決できることが増えるので、通院数が削減されます。それにより、通院による職員や利用者様への負担が軽減され、通院コストもカットできます。

重症化の予防

救急車のイメージ

気軽に利用可能なため、症状が軽い時点で医師に相談することができ、重症化を未然に防ぐことができます。

レポート作成がなくなる

レポート作成している様子

相談後にレポートが送られるので、施設職員自身で作成する必要がなくなります。レポートは職員間での共有はもちろん、嘱託医との連携やご家族への報告、新人用教材にご活用いただけます。

連携医の専門外でも
対応可能に

診察している様子

専門外の診察や相談を受けて頭を悩ませる連携医は少なくありません。ドクターメイトなら全科に対応しているため、連携医にもご好評いただいております。

連携医の声

診察している様子

利用者様の健康管理という本来の役割に専念できるようになりました。そのおかげか、施設職員とのコミュニケーションがより良好になりました。また、専門外の対応が難しいので、専門の医師からのコメントが得られて助かります。

具体的な効果事例導入施設様では
通院数が激減!

導入施設様では通院数が激減!

ますます
サービス充実の
アップデート

皮膚科
オンライン診療サポート
が登場

皮膚科オンライン診療サポートの流れ

「診療・処方箋発行」まで対応して皮膚科の受診が軽減

お問い合わせ & 資料請求
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

よくある質問

看護体制加算は取得できますか?

看護体制加算(特養)・夜間看護体制加算(特定施設入居者生活介護)は直接の要件を満たすわけではありませんが、ドクターメイトを導入していても人員などの要件を満たしていれば取得が可能です。詳細はお問い合わせください。

導入費用はどのくらいかかりますか?

個別でお見積りをさせていただきますので、詳しくはお問い合わせください。 または、HPの今すぐ相談予約ボタンをクリックいただき無料のオンライン商談をご予約ください。

DMサポートとはどんなサービスですか?

夜間オンコール代行+日中医療相談+オンライン診療+DM-study (OBD機能と法定研修)の全てが使用できるサービスです。詳しくはお問い合わせください。

お薬の処方まではできるんですか?

皮膚科のオンライン診療サポートが登場しました。「診療・処方箋発行」まで対応いたします。詳細はお問い合わせください。

医療相談事例

相談事例一覧chevron_right