folder_open 夜間オンコール日中医療相談 update

日中医療相談・夜間オンコール代行™導入事例(静岡県 みくらの里)

  • 施設種類 特別養護老人ホーム
  • 課題 離職の多発

ドクターメイトの日中医療相談サービス・夜間オンコール代行™サービスをご活用頂いている施設の中から、スムーズに定着している施設の方に、サービス定着のエッセンスを聞くインタビューコンテンツ。
今回は静岡県下田市の「みくらの里」にお話を伺いました。


介護老人福祉施設 みくらの里
全個室ユニットケアタイプの施設で下田駅から車で10分弱の距離で面会にも便利です。海水浴やサーフィンが楽しめる吉佐美大浜海岸と、山の幸が豊富なみくら山との中間に位置しており、夏は緑が映え、秋は涼しい風が吹き抜ける四季の変化が楽しめる豊かな自然の中の施設です。
http://www.shiyuukai.or.jp/

「夜間オンコールあり」がネックとなり看護師採用に苦戦

看護師採用を進めておりましたが「夜間オンコールあり」を理由にお断りになってしまうケースも多く、どうしたものかと悩んでおりました。確かに夜間待機があるなら病院の夜勤を選ぶという気持ちも同じ看護師として理解できる部分もあります。施設での業務終わりに夜間待機に入ると、どうしても24時間働いているという気分になってしまいます。

看護師の離職で夜間待機が常勤2名になり、24時間医療相談サービスを導入へ

そのようななか、看護師の離職で夜間待機が常勤2名になるという状況になりました。15日ずつの夜間待機は身体的にも精神的にもさすがに大変だと感じ、理事長からサービス導入の話がありました。それ以前からドクターメイトのサービスを知っていたのですが、「こんなサービスがあるんだね」と半信半疑で広告を見ていました(笑)。

「まずはやってみよう!」と前向きに

法人のポリシーとして、「まずはやってみよう!」という価値観があるため、理事長から職員まで何事も使ってみてから評価するという感覚でした。絶対に導入したくない!という声はなかったですね。

もちろん、実際にオンコールをする介護職員からすると「何を話せばいいんだろう、どのように電話をすればいいんだろう」と不安があったと思います。私も「事前に利用者さまの情報を知らないのに大丈夫なのか?」とは思っていましたが、サービスとして提供しているからにはなにかあるんだろうと前向きに考えておりました。

日中医療相談に関しては、最初から私が使えそうなイメージ持っていました。日々、ネットで病名を検索することも多かったのですが、専門医に相談できるならより正確な情報が得られると期待していました。

➤➤日中医療相談を詳しく知る

嘱託医も利用を後押し 明確な業務の切り分けで夜間対応の精度も向上

日中医療相談については、嘱託医の先生もチャットサービスを使ってみては?と後押しいただくことも多く、私も若い看護師も皆が使っている印象です。特に、看護師同士でこれまでの経験値の違いから意見が割れることも多かったのですが、「ならドクターメイトに聞いてみよう」とチャットで解決することが多くなりました。

夜間オンコール代行™サービスについても、総じて私達へのオンコールも減り、負担を軽減しつつお看取りの方など注力すべき夜間対応に力を注げているという切り分けが実現できています。

精神的負担も肉体的負担もカバーに加え 若い介護職員の成長も実感

日中医療相談を導入して、私達看護師の心理的安心感はかなり担保されていると思います。嘱託医の先生が外科、さらに皮膚科と精神科は月2回の往診もしていただいていることに加えて、ドクターメイトのサポートもあり、さらにちょっとした疑問も解消してもらえる相談先が増えたことに満足感はあります。

夜間オンコール代行™サービスについても、そもそも私達だけでオンコールを受けていたら、今年中には体調を崩していた可能性が高いと考えると、大変ありがたいと思っています。大多数のオンコールでドクターメイトが介護職員に安心を提供してくれているからこそ、必要な駆けつけにも注力できています。今までは着信があったか?と定期的に目が冷めてしまっていましたが、最近では気づけば朝だった!という具合にぐっすりと睡眠時間も確保できています。

何より私達が嬉しかったのは、若い介護職員の成長です。介護施設の医療依存度が高まる中で、介護職員は緊張や不安を持ったままで夜勤をしています。ドクターメイトに電話をすると、既往歴はなにか?主症状から類推する周辺症状のチェックは?とサポートをしてくれますので、OJTで医療知識を身に着けてくれる環境だと思っています。結果として、若い職員の皆が私達看護師との日常のコミュニケーションでも少しずつ医療的な観点からわかりやすい報告をしてくれるようになりました。早期に若手が育つという環境は、ドクターメイトを導入した大きな副産物ですね。

多くの導入事例をご紹介

ドクターメイトの提供サービスは新しい取り組みであり、介護施設には多くの関係者がいる中で、自分の施設で導入できるのか、効果があるのか、不安に思う方も多くいらっしゃいます。

多くの導入施設から参考となる事例をご紹介させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

➤➤オンコール代行™サービスのお問い合わせはこちら

資料ダウンロード(無料)

詳しい資料が無料でダウンロードできます。サービスの特徴・成功事例・活用方法・導入メリットなどをご覧いただけます。

資料ダウンロードdownload

※このページの画像はすべてイメージです。事例の施設様とは関係がありません。

オンライン予約
漫画でわかる夜間オンコール代行