24 日中医療相談 夜間オンコール代行™ update

看護師の仕事と私生活のバランス改善に成功|特別養護老人ホーム   三重県 うねめの里

  • 施設種類 特別養護老人ホーム
  • 課題 待機看護師の負担が大きい離職の多発

ドクターメイトの日中医療相談サービス・夜間オンコール代行™サービスをご活用頂いている施設の方に、サービス導入前の課題と導入後の効果をうかがうインタビューコンテンツ。
今回は三重県四日市市「特別養護老人ホー
ム うねめの里」の施設長補佐 野呂様にお話を伺いました。


特別養護老人ホーム うねめの里
家庭的な雰囲気で自然な暮らし・街のような施設、そしてヒューマニゼーション(人間性)を生かす施設・人づくりを追求し、「ハートフル介護」を目指して「私も入りたい、家族も入れたい」の理念の実現とサービス向上を図り、「施設」を脱却してケア付き住宅を目指しています。入居者を「里人さん」と呼び、里人さんが、どうしたいか、どう暮らしたいかを尊重し、ケアをその生活支援と位置づけ、その人の暮らしに、笑顔と輝きが放たれることに取り組んでいます。

https://www.eiko-kai.jp/

<導入前の課題>

オンコールおよび出動要請の増加と医療的な判断が負荷に

野呂さん:
高齢化や介護度の上昇が進むなか、社会福祉法人永甲会の運営する特別養護老人ホームにおいても、オンコールおよび出動要請の増加と医療的な判断により非常に負荷がかかっているのが明白な状況でした。その課題解決につながればと考えました。加えて、やむを得ない休職、離職が重なり体制維持が一時的に非常に厳しい時期がありました。オンコールを輪番制にしており一人当たりの受け持ちや出動回数が増え一人当たりの拘束が多くなった事を目の当たりにし、いよいよしんどいといった状況になりました。そうしたなか、よりよい仕組みにできないかと模索していた時にドクターメイトを知りました。

<導入初期>

看護師の置かれている環境を知っているからこそ、夜間の電話に躊躇

野呂さん:
導入については、明確な課題があった上での導入でしたので、看護師は前向きに受け入れてくれた印象です。自分達でも調べながら非常に興味深く関わってくれました。一方、介護スタッフについては、看護師の環境を改善しないといけない。という事には理解を示してくれていたようです。

ただ、記録ソフトの変更や福祉用具の導入とは違い、オンコールの代行業については新しいサービスのためイメージがつきにくく、日中を知らないいわゆる一見さんの看護師さんが果たして判断がつくのか。処置がうまくできるのか。という不安はあったようです。それでも、看護師の置かれている環境を知っているからこそ、夜間の電話に躊躇する事もあり、取捨選択しながら気を使いながらの電話という部分もあったので、時間・状態問わずいつでも連絡できるのはよかったという声もありました。

<定着をはかるために行っていたこと>

周知徹底と関わる全てのスタッフとの対話

野呂さん:
ドクターメイトのサービス概要を社内掲示板にはりました。まずは周知徹底で、とにかく目にふれてもらうようにしました。そして導入の目的についてはしっかりと説明しました。

特に介護スタッフには看護師が困っているから助けてほしいし、介護スタッフにも安心できる環境やスキルアップに繋がる取り組みだという説明をしました。リーダ―職だけではなくパートさんにもかみ砕きながらの説明を会議や掲示板等で根気強く伝えていきました。

また、記録ソフトの中にもドクターメイト専用の掲示板を作りました。質問や不安をそこで解決する為だったのですが、後々掲示板上で感想を書いたり、使用する時の注意事項などを共有したりする場にもなっていました。

日中医療については嘱託医の先生のご理解が大きいと思いますので、キチンと説明をするという事につきますね。

何ができて、何かできないのかをドクターメイトと施設の間でしっかりと明確にしていった事がとてもよかったと思います。導入説明会でも、介護スタッフの立場にたってご説明をいただいたのでそれもよかったです。

<導入後の課題>

突発的に生じるオンコールだからこそ、準備は念入りに

野呂さん:
具体的な処置等の対応が出た時の対応について不安を感じていました。また、突発的に生じるオンコールでちゃんと受け答えできるだろうか。いつ自分はかける状況に遭遇するのだろうか。という漠然とした不安が付きまとっていたようです。その他に外国人労働者の方については言葉の壁についても不安がありました。

外国人スタッフへの配慮も

野呂さん:
そのために看護師が日中、夜間に起こりうる事を想定した包括的な指示を今まで以上により具体的にだしてくれるようになっていました。。看護師も介護スタッフの不安を知り自主的に仕組みを整えてくれました。

ビデオ通話もとても役立ちました。言葉で通じない場合は同じモノを見るという事が効果的だと思いましたので、導入時即時に使用をお願いいたしました。使うか使わないかという事より何かあったらこれでみてもらえるという事が安心材料につながりましたね。ビデオ通話の勉強会や使い方、番号についても見える化しましたね。

そして、もうひとつやっぱり外国の方は漢字が苦手なんですよね。既往歴には全部フリガナをふりました。

<導入後の効果①>

看護師のワークライフバランスが改善 介護スタッフにも変化が

野呂さん:
看護師のライフワークバランスがまず改善しました。「家族と向き合って会話ができる時間をちゃんととれるようになった」とある看護師が言ってくれました。オンコールは命に関わる事ですからね、非常にストレスをかかえてやってくれてたんですよね。

介護スタッフにも変化がでました。日中のご利用者の様子から「夜間○○なったら、ドクターメイトさんですかね。」というようなイメージを膨らませた会話ができるようになりました。

<導入後の効果②>

通院が減り、利用者さんと向き合う時間が増加

野呂さん:
日中医療相談についても、皮膚科の受診が無くなりました。近くに病院があってもかなりの時間が拘束されますし、それが無くなったのは大きいです。嘱託医の先生も「ドクターメイトは何て言ってる?」 と会話の中にもでてくるようになり、しっかりと仕組み化に繋がっていますので、非常に楽になりました。

通院がなくなることで、空いた時間を細かい業務にあてることができています。この先は利用者さんと向きあう時間にあてたいと思っています。その他、管理者がチャットで施設でおきている事をリアルタイムで確認できるのはとてもよいと感じています。

➤➤オンコール代行を詳しく知る

多くの導入事例をご紹介

ドクターメイトの提供サービスは新しい取り組みであり、介護施設には多くの関係者がいる中で、自分の施設で導入できるのか、効果があるのか、不安に思う方も多くいらっしゃいます。

多くの導入施設から参考となる事例をご紹介させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

➤➤オンコール代行サービスのお問い合わせはこちら

資料ダウンロード(無料)

詳しい資料が無料でダウンロードできます。サービスの特徴・成功事例・活用方法・導入メリットなどをご覧いただけます。

資料ダウンロードdownload

※このページの画像はすべてイメージです。事例の施設様とは関係がありません。

オンライン予約
漫画でわかる夜間オンコール代行