ドクターメイトの夜間オンコール代行で、
看護師が辞めない採用に強い施設づくりを!

ご契約施設は前年比5倍以上! 周りの施設様も続々導入されています。
(特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・グループホーム・有料老人ホーム・訪問看護ステーションなど、介護施設・高齢者施設が対象です)

【新型コロナ対策セミナー第5弾・5月19日開催決定】
コロナ・クラスター発生時にリーダーがやるべきこと
─クラスターを経験した特養の施設長が語る─
詳しくはこちら!

【実質月額0円になるプランのご提案】
ご負担がかからない料金プランもご提案できます。ご相談ください。
(※条件があります)

資料ダウンロード(無料)

詳しい資料が無料でダウンロードできます。
●オンコール代行サービスの特徴
●特養の成功事例
●オンコールと看護体制加算の事例
●オンコール代行の導入メリット
などをご覧いただけます。

ご利用施設様インタビュー

特にレポートがいい。施設の看護師も非常に評価しています。

オンコールに対して否定的な看護師が多く、オンコール体制の構築に苦慮していました。
最初はオンコール代行について不安な点もありましたが、実際に運用してみると病院に搬送する場合の手続きもうまくいきました。
特に相談の都度送られるレポートは細かい項目まで載っていて、うちの看護師も非常に評価しています。

avatar
日高裕司様特別養護老人ホーム ケアホームズ両国 施設長

夜間オンコール代行のご利用イメージ

オンコール代行導入事例

特養の導入事例

千葉県 特養 100床

千葉県にある本入所100名、ショート20名の特養です。
看護師は正職員が2名、その他はパートや派遣。オンコールは2名だけで対応していました。

特養で新たに加算取得できた事例

宮城県 特養 100床

宮城県にある本入所50名特養です。
看護師の夜間体制がとれず未取得だった加算を取得できました。

地域密着型特養の導入事例

兵庫県 地域密着型特養 29床

兵庫県にある本入所29名、ショート10名の地域密着型特養です。
看護師は全員パート。夜間対応は施設長と相談員で行っていました。

有料老人ホームの導入事例

千葉県 有料老人ホーム 71床

千葉県にある定員71名の有料老人ホームです。運営会社は全国100拠点以上で介護事業を展開しています。