今回ご紹介するのは、宮城県にある定員50名の特別養護老人ホームです。
ドクターメイト導入前は看護体制加算Ⅱは未取得。夜間救急搬送する際は看護師が駆けつけて対応していましたが、導入後は看護体制加算Ⅱを取得。看護師の駆けつけもなくせました。
導入して「メリットしかない」と言っていただけた事例をご紹介します。

看護体制加算Ⅱ未取得。救急搬送は看護師が駆けつけ

以前、この施設では看護師以外のスタッフも含めてオンコール対応をまわしていました。
ドクターメイト導入前は看護体制加算Ⅱは未取得。夜間救急搬送する際は看護師が駆けつけて対応していました。
また、看取り対応も行っていますが、嘱託医はクリニックの医師で週1回の往診以外はあまり連絡がとれない環境にありました。

看護師も悩みを抱えていた

オンコール件数が比較的多いのが課題でした。介護スタッフも入れ替わり激しく、判断力が十分とはいいがたい中で、オンコールする前の確認マニュアルも用意していましたが、それでも不安ですぐに電話がきてしまう状況。夜間待機する側もいつかかってくるかという不安感がありました。

夜間対応のみでなく、日中も嘱託医に気軽に相談できないことにも看護師さまが悩みを抱えていました。

経営側としても、毎日看護師が待機しているわけではないため、このままでは加算が取れません。だからといって看護師に毎日待機をお願いすることもできず悩んでいました。

そんなとき、ちょうどドクターメイトからの案内が届きました。施設長様と「これいいんじゃない?」と興味を持っていただけたことでお問い合わせいただきました。

契約に向けた手続きは順調

料金としては施設長で決裁可能な金額でした。ただ、予算編成が終わってしまったタイミングで、予算修正を理事会に提出する必要がありました。理事会は施設にとって有益なことであり反対されることはありませんでした。

嘱託医にも説明を行ったところ思いのほか好意的で、導入の了承を得ることができました。

現場導入に向けての準備。スタッフの不安を安心に

当初、介護職員から利用イメージがわかないので不安という話がありました。そこで、ドクターメイトから動画を共有したり、導入説明会で、実際にデモ相談を実施しました。その結果、「いつものオンコールと何も変わらないですね」と安心の声をいただけました。

また、ドクターメイトに連絡しやすいように、情報をとりまとめたファイルを作成。看護体制加算取得に向けて保険担当の方ともやりとりを行い、確認しながら準備を進めました。

県の担当者からも「いいサービスですね」

準備を進めていく途中で、県の担当者から確認の連絡が入りました。宮城県としてもこのような取り組みは初めてのことらしく、加算の要件を満たすものなのか確認をしたいとのことでした。

それを受けてドクターメイトから県の担当者に対してサービスの概要を説明しご理解をいただきました。県の担当の方からも「加算申請については問題ない。いいサービスですね。」とのお言葉をいただけました。

不安も解消し加算も取得。施設にメリットしかない

夜間オンコール代行の導入効果としては、介護記録の時間の削減、夜間に起きた事象の情報共有にかかる時間の削減をすぐに実感していただけたようです。
医療相談においても看護職員の負担が大きく減少したと感じていただけています。

avatar
介護スタッフ
レポートが即時に送られてくるので安心。介護記録の時間の手間も削減できています。
avatar
看護師さま
皮膚科はどうしても外来にかからなければいけない状況だったので、医療相談を使って通院しないで済むのは非常にありがたい。
avatar
相談員さま
看護師が非常に喜んでいる。それだけでも導入したかいがあったと施設全体で感じています。
avatar
施設長さま
新しいものを導入することで、職員にも刺激になり、活気がでた気がします。看護体制加算Ⅱも取得でき、収益も増えました。

お看取りの対応は引き続き施設で対応が必要ですが、「月に1度くらいであり、ある程度心の準備ができている。それ以外の日にちで心休まることのほうが重要。」とのことでした。

ドクターメイトを導入することで介護スタッフや看護師の負担が解消し、新たな加算を取得できるため導入前よりも収益が増える。
まさに施設側としてもメリットしかない事例でした。

職員負担の軽減で施設の魅力を上げる

実際に説明会の実施など導入に向けて尽力したドクターメイト担当者はこう振り返っています。

avatar
菅沼
施設全体が看護師さんの負担感を一番に心配されていました。
職員負担の軽減から施設の魅力を上げて、人を増やしたいという強い気持ちを感じた。
とにかく雰囲気が明るい施設です。導入時も和気あいあいとされ、積極的に使い方を学びに来られていたのが印象に残っています。

50通りの導入事例をご紹介

ドクターメイトの提供サービスは新しい取り組みであり、介護施設には多くの関係者がいる中で、自分の施設で導入できるのか、効果があるのか、不安に思う方も多くいらっしゃいます。

ドクターメイトはすでに全国50施設以上でご利用いただいています。50通りの導入事例から参考となる事例をご紹介させていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

50施設の導入事例をご紹介しています。
お電話またはWebフォームからお気軽にお問い合わせください。

お問合せフォームへ

※このページの画像はすべてイメージです。事例の施設様とは関係がありません。