弊社契約施設様よりいただいた実際のご相談事例をもとに,施設の了承を得てご紹介しています。

看護師

【年齢】

90代

【性別】

女性

【相談症例内容】

(いつから?)10日前より

(どんな症状?)夕方(16時頃から)毎日38℃以上の発熱あり。クーリングのみで朝までに解熱します。食事、水分摂取減少無し。排尿回数、量、性状変化なし。咳嗽、呼吸苦等の症状なし。

(治療は行っている?)1週間前に協力医療機関受診しましたが、CT上肺炎所見無し。インフルエンザ陰性。CRP0.11、白血球3900、感染所見無し。補液500ml施行し帰設しています。処方、指示等無し。再診予約なし。

(良くなっている?悪くなっている?変わらない?)その後も毎日夕方より発熱し、クーリングのみで朝までに解熱するのを繰り返しています。食事、水分摂取量は変わりありません。

【相談内容】

このまま、様子を見ていてもよいのでしょうか?受診する場合、何を目安に受診したら良いのでしょうか?

内科医 山村

ご相談ありがとうございます.発熱を繰り返されていると心配になりますよね.

夏場の感染症として心配するのは,肺炎と腎盂腎炎です.1週間前の受診で肺炎ほか感染所見なく,発熱が持続していないので,現時点で感染症による発熱は除外できているようですね.

感染以外でこの時期の体温の変化に最も影響するのが,気温と脱水です.日中に気温が上がり,発汗により脱水し夕方頃,38度くらいまで発熱し,夜間気温が下がり,クーリングの甲斐あって翌日には解熱するという状況が考えられます.

発熱が夕方だけで,翌朝まで持続しないのであれば現在の対応で問題ないと思います.もし,熱が持続したり,上気道の症状(咳,鼻水,喀痰),尿路の症状(血尿)など感染兆候があれば改めて受診をお勧めします.

内科医 山村

施設内の対応としては,日中の水分摂取を少し増やし(300cc程度でも効果はあります),部屋を涼しくするなど工夫ができると尚よいです.気をつけてらっしゃるとは思いますが,高齢者はわれわれが思っている以上に脱水しやすいですし,体温調整の力が弱っていますので,脱水症,熱中症に十分ご注意ください.

看護師

ありがとうございます。現在水分1000ml強/日で飲んでいますが、もう少し促して様子見ます。

熱の持続、他症状あれば再受診検討しますが、迷った時は又、ご相談させてください。

内科医 山村

気になるときはいつでもご相談下さい.迷ったとき,何でもご相談いただけるのがドクターメイトの強みですので,ぜひご活用下さい.

以上,夏場の高齢者の体温変動についてのご相談でした.弊社のご用意したテンプレートを使ってご相談頂きました.

感染による発熱なのか心配になる事例でした.ご相談ありがとうございました.