folder_open 夜間オンコール update

夜間オンコール代行™導入事例(新潟県 ケアセンターうしろやま)

  • 施設種類 地域密着型特養
  • 課題 待機看護師の負担が大きい

ドクターメイトの日中医療相談サービス・夜間オンコール代行™サービスをご活用頂いている施設の中から、スムーズに定着している施設の方に、サービス定着のエッセンスを聞くインタビューコンテンツ。
今回は新潟県佐渡市の「ケアセンターうしろやま」事務長 池田様と看護師長 本間様にお話を伺いました。


ケアセンターうしろやま
地域の福祉的ニーズを共に受け止め、共感をもって応え続けていくことで、超高齢社会となる佐渡での生活について、コミュニティの支え合いの要としての役割を果たしていきます。

看護師の夜間待機の負担が課題に

導入前、看護師の夜間待機の負担を改善したいという思いがありました。実際、想定以上にコールがあることや、AM2時~4時にあることなどで、翌朝の出勤に影響が出るようなことがあり、「これは続かない」と今後に不安を覚えていました。

さらに、医師の高齢化でいつ嘱託医の契約が途切れてしまうのか、万が一のときのためにリスクヘッジを考えていました。

看護師一同「これで助かった・・・」と

ドクターメイトの24時間医療サービスを導入で、看護師一同「これで助かった・・・」と思っていました(笑) 日中医療相談も看護師一同、とても興味を持っておりました。嘱託医も本当に親身になってくださる良い先生なのですが、毎日施設にいるわけでもないため、私達が医療的な判断に迫られることもあると覚悟はしています。そんな時の相談先があるというだけでも安心材料になりました。日中に不調を訴える利用者さんがいた場合、夜間に起こりうるリスクを予見するサポートもしてくださるので、私達の心強い味方という実感です。

夜間オンコール代行に関しては、日中のことを知らない看護師にオンコールするという不安はありました。また駆けつけが必要な状況はどうなるのか?という切り分けで悩みましたが、お看取り・吸引・服薬の類で現場が混乱しているなど、駆けつけが必要なものをリストアップして、それ以外はドクターメイトに電話するようにと設定しています。

➤➤オンコール代行を詳しく知る

日中に疲れている状態で処置をすることがなくなった

ドクターメイトの夜間オンコール代行サービスを導入したことで、夜勤職員の心理的安全性は飛躍的に

オンコール負担が大幅に軽減されたことで、日中に疲れている状態で処置をすることがなくなりました。加えて、一つひとつの業務クオリティも上がるので、隙間時間が作れています。これまでできなかったことに少しずつ着手でき、私達看護師の負担軽減だけでなく、施設の職員全体に貢献していこうと取り組んでいる最中です。

日中もこれまで皮膚トラブルは写真を撮影して、嘱託医の先生に相談しておりました。往診時に相談できれば良いのですが、次の往診まで期間があく場合は、写真を撮影して嘱託医のクリニックに写真持参で職員が訪問するというサイクルです。車で往復10分という距離にはあるのですが、看護師が少ない日に施設を離れるということにリスクを感じることもありました。介護職員としても医務室のPHSがつながらないという状況はストレスだったと思います。ドクターメイトに相談すれば、そういった日々の小さなストレスがなくなったという実感があり、隙間時間を作ることができたと思います。

ドクターメイトの導入で看護師に心のゆとりが生まれた

ドクターメイトの導入で一番大きなことは看護師に心のゆとりが生まれたことです。全員が緊張の糸が切れる寸前で戦っていた印象です。それがドクターメイトの導入で、施設内で仕事をしている時の些細なコミュニケーションの物腰が柔らかくなったと実感しています。以前はお互いに「ちょっときつく言い過ぎたかな?」という反省をすることもありましたが、今は「こう伝えたら、看護師同士の情報連携もうまくいくかな?」という一呼吸をおくことができています。

夜間に関しては、本当に「ドクターメイト様様」という状況でして。休みのときにちょっとした買い物に行くにしても、買い物をしながらスマホを手放すことができませんでした。いつくるかわからないという不規則性があるので、どうしても何か私生活のすべきことをしようとしても、「オンコールが来るかもしれない」という漠然とした不安がありました。今では、この10分の買い物であればドクターメイトに電話をしているかもしれないという安心感から私生活でもゆとりを持てたと思います。

多くの導入事例をご紹介

ドクターメイトの提供サービスは新しい取り組みであり、介護施設には多くの関係者がいる中で、自分の施設で導入できるのか、効果があるのか、不安に思う方も多くいらっしゃいます。

多くの導入施設から参考となる事例をご紹介させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

➤➤オンコール代行サービスのお問い合わせはこちら

資料ダウンロード(無料)

詳しい資料が無料でダウンロードできます。サービスの特徴・成功事例・活用方法・導入メリットなどをご覧いただけます。

資料ダウンロードdownload

※このページの画像はすべてイメージです。事例の施設様とは関係がありません。

オンライン予約
漫画でわかる夜間オンコール代行