弊社契約施設様よりいただいた実際のご相談事例をもとに,了解を得てご紹介しています。

看護師

本日ショートステイで来られた方で健康診断書をもってこられました。

その中で、HCV抗体が「0.5」と書かれていました。これはどういうことなんでしょうか?感染対策をしなければいけないのでしょうか?

尿でも蛋白「15」と書かれてました。どういったことでしょうか??

内科医 山村

ご質問ありがとうございます。見慣れない結果だと、どう解釈して良いのかわかりづらいですよね。

内科医 山村

尿検査やウイルス抗体の検査には、「定性検査」と「定量検査」があります。

「定性検査」は尿中に糖や蛋白が「(+)ある」か「(-)ない」かを調べる検査です。

「定量検査」はその蛋白やウイルスがどれくらいあるのか、量を数値で知る検査です。

内科医 山村

ご質問の検査結果で、尿糖、尿潜血は定性検査がされており、尿蛋白は定量検査で15mg/dLの尿蛋白が測定され、定性検査の「(±)」に相当する値です。結論としては次回検診まで経過観察で良いと思います。

HCV抗体についても定量検査で0.5 S/COという値であり、1.0 S/CO未満は定性検査の陰性(-)に相当するため、特に心配はいりません。

看護師

早速のお返事ありがとうございます。なぜこの項目は数字??と不思議になりました。ただ陰性でよいとのことなので、安心しました。

ありがとうございました。

以上、検査データの見方についてのご相談でした。ご相談ありがとうございました。