folder_open 介護施設介護経営働き方・処遇改善調査・レポート calendar_month update

転職した介護労働者の3人に1人以上が介護業界未経験<daily news pickup 1月27日>

「業界未経験」を前提とした教育・研修プログラム整備を

介護事業所で働く介護労働者の実態を調査した、公益財団法人介護労働安定センター「令和3年度 介護労働実態調査」によると、学校卒業後、収入を伴う仕事をしていたかについて「前職あり」と回答した割合が75.7%だったことが分かりました。「前職あり」の方にこれまで経験した仕事内容(直前と限らない)を複数回答で尋ねたところ、「介護・福祉・医療関係以外の仕事」が 63.1%で最も高いことが分かりました。

公益財団法人介護労働安定センター「令和3年度「介護労働実態調査」結果の概要について」より

「介護関係の仕事」「介護以外の福祉関係の仕事」「医療関係の仕事」「無回答」を合計すると約65%となることから、少なくとも約3人に1人は「業界未経験からの介護への転職」であることが推測されます。施設の採用・研修担当者においては、業界未経験者が一定数いる、という前提のもと、新人教育や研修プログラムを整備する必要があるでしょう。

公益財団法人介護労働安定センター「令和3年度「介護労働実態調査」結果の概要について」

【関連トピックス】

介護現場における「医行為」とは マニュアルの再点検や介護職員に対する教育・研修を

介護職向けe-ラーニングサービス「dスタ」

【関連資料】

介護施設における医療対応体制構築のポイント

業務改善でサービスの質を向上させる

介護と看護の施設内連携を円滑にするために