弊社契約施設様よりいただいた実際のご相談事例をもとに,了解を得てご紹介しています。

看護師

採血データで尿路感染から敗血症の手前くらいになっており、CRP28で入院になった方がいます。不整脈も出て頻脈で、かなり厳しい状態と言われました。

そのデータの中で、

Fib 873

FDP 22.5

Dダイマー 7.8

という項目がありました。これはどういったことで、どんなことが考えられるのでしょうか。調べてもよく理解が出来なくて、先生方に教えて頂けたらと思います。

皮膚科医 青柳

ご質問ありがとうございます!こういったことは調べるよりも聞いてもらったほうが早いですね!

以下は長文になりますが、流れを理解できるように構成してみましたので恐れずに目を通して見て下さい。

皮膚科医 青柳

まず、検査値を解説する前に、人間には次のの2つの機能があります。

1.血栓(血の塊)を作る機能

出血したときに血を止めるため

2.血栓を溶かす機能

血の塊が血液の中を流れていき、小さい血管に詰まってしまうのを防ぐため

そして

Fib(フィブリノーゲン)は血栓を作る時に上昇します。

FDP、Dダイマーは血栓を溶かす時に上昇します。FDPとDダイマーは厳密には違いますが、ここでは同じものとして扱います。

(※厳密に言えばFibは血栓を作るための材料。FDP,Dダイマーは血栓を溶かした時にできる蛋白質です。)

皮膚科医 青柳

さて準備はよろしいですか?

ここらへんの話は、しっかりしようと思うとかなり複雑ですが、ここからは簡略に述べたいと思います。

皮膚科医 青柳

まず、大怪我をした時の体の変化をイメージしてみましょう!

大怪我をした!出血をしてしまう!血を止めなければ!

出血が続かないように血栓を作って傷をふさごう

Fib(フィブリノーゲン)が上昇する

血栓のおかげで傷が塞がって、血は止まった!だけど、この血の塊が他のところに流れていくとまずい…

よし、流れていく前に血を溶かそう

FDP、Dダイマーが上昇する

このような反応が起きるわけですね

イメージはできたでしょうか?

皮膚科医 青柳

ここからが本題です!

元々は上記のように怪我から体を守るためにある仕組みなのですが、体の中で非常事態が起こって体内がパニックになると、全身の血管のどこでも構わずに血栓ができてしまうことが起こります。

これがDIC(disseminated intravascular coagulation、播種性血管内凝固症候群)と呼ばれる病態です。

英語の名前の長さに惑わされず、簡単に説明すると、

体が大パニック

通常は出来てはいけないところに血栓がたくさん出来てしまう

というイメージを持てれば大丈夫です。

皮膚科医 青柳

体がパニックになる原因はいくつかあるのですが、その一つに敗血症があります。

そして、医療の場でFib(フィブリノーゲン)、FDP、D-ダイマーを測るというのは、このDICの状態であるかどうかを判断するためです。

皮膚科医 青柳

ご相談の方の検査値をみてみましょう。

Fib、FDP、D-ダイマーはすべて異常に上昇しています。

皮膚科医 青柳

では、体の中で何が起きているのかというと、

尿路感染からの敗血症

本来は菌がいないはずの血液に菌が入ってくる状態はかなりまずい!!体の中はパニック状態に!!

血の塊が色々なところでできる!

Fib上昇

それと同時に、増えすぎた血栓を必死で溶かそうとする反応も起きる!

FDP、D-ダイマーが上昇

このような事が起きているのだろうなということが想定されます。

皮膚科医 青柳

実はFib、FDP、DダイマーだけではDIC状態かどうかは判定できないのですが、かなりDICの恐れがあると思います。

DICだと何がまずいのかというと、

1.色々な臓器の細かい血管に血栓が詰まってしまう。色々な臓器がダメージを受ける→多臓器不全

2.DICの状態が続くと、血栓をつくるための材料を使い切ってしまい、今度は逆に血が止まらなくなる→脳出血などの危険な出血

ということがまずいのです…。

皮膚科医 青柳

治療としては一番重要なのは、体のパニック状態を治すことです!

敗血症であれば、適切な抗菌薬をしっかりとした期間使用して治すことです!

なので、入院で点滴で直接抗菌薬を血管の中に投与する必要があるわけです。

皮膚科医 青柳

<どうでしょうか?イメージできたでしょうか?

この部分は難しいところで、医学生でもちゃんと理解していない人もいるのではないかと思っています。わからないことがあったら遠慮なくご質問下さいね。いつでも何でもお答えします!

看護師

とても、丁寧な説明をありがとうございます。とてもイメージしやすくて、うんうんと、一つずつ頷きながら読み続けていけました。

とてもわかりやすいです。すごく嬉しいです。ありがとうございます。

看護師

半年前に肺炎で入院されていますが、腎機能のほうはとくに指摘がありませんでした。もともと入所されてから、受診に行くこともほとんどなかった方なのでわからないことが多いです。

今回、体幹部のCTで、右腎臓がないことが判明しました。やはり片方しかない腎臓がかなりの大ダメージを受けているわけですから、相当厳しい状態なんですよね。いまは、うまく抗菌薬が効いてくれるのを祈るのみです。

本当にわかりやすく教えていただいて、ありがとうございました。

皮膚科医 青柳

お力になれたようでよかったです。

生まれつき、片方の腎臓しかない方もいます。その場合には、残った方の腎臓の機能が発達し補っているので普段は問題のないケースがほとんどです。しかし、仰る通りなにか起きた際に一つしかない場合には影響が出やすいという側面もあります。

私達も治療が効いて、回復されることを願っております。また、お困りのことがあれば何でもご相談下さい。いつでもお待ちしておりますよ。

以上、検査データ、敗血症の病態についてのご相談でした。自分で調べるよりも、直接聞いたほうが早く解決できることもあります。弊社ではこういったご質問も歓迎しております。ご相談ありがとうございました。