弊社契約施設様よりいただいた実際の相談事例をもとに,了解を得てご紹介しています。

看護師

100歳の入居者さんです。

足の爪が剥がれかかり、グラグラで周りに発赤、爪の根元から浸出液があります。昨日は入浴後、ゲンタシンをたっぷり塗り足背にかけて冷湿布をしました。

内服や受診した方が良いか教えてください!よろしくお願いします。

(※写真を1枚送信いただききました。)

皮膚科医 青柳

写真拝見させていただきました。

左母趾の爪が確かに剥がれかかっていますね!根元には血性の浸出液が滲んでおり、剥がれ方からも少しぶつけてしまったのかもしれませんね。

熱感や圧痛が強くなければ、現在の処置で良いと思います。ただ、周りが浸出液で浸軟してしまっているので、ゲンタシン®よりもイソジンシュガーパスタ®などを使用して少し乾燥方向に持っていった方が良さそうですね。

看護師

抗生剤は必要ないでしょうか?

皮膚科医 青柳

感染をしているなら必要ですが、ぶつけてしまったことによるものであれば必要ないと思いますよ。それを見分けるのが、熱感や圧痛の有無ですね。

ただ、ご高齢でもあり、やはり感染が心配な状況であれば受診されて培養を取ってもらった上で、抗菌薬の投与を行なっても良いと思います!写真では感染があるかどうかが微妙な見た目で、このようなアドバイスに今回はなってしまいます。

看護師

ありがとうございます。

おそらくお風呂の着脱か入浴中に引っかかってしまったかではないかと思われます。受診も検討します!

皮膚科医 青柳

爪が肥厚したり、巻いてしまっている方は、爪を横から支えている力が弱くなるので、簡単に剥がれてしまうのですよ。受診も全然検討されて良いと思います!

また疑問に思うことがあればいつでも相談してください!

以上、剥がれかかった爪の処置についてのご質問でした。ご相談ありがとうございました。